ひとり暮らし女子のインテリア

おしゃれ&かわいいがコンセプト!ひとり暮らし女子におすすめのインテリア家具や雑貨情報をお届け!

ワンルームで収納がなくても収納スペースを作る4つのコツ

time 2011/06/10

ワンルームで収納がなくても収納スペースを作る4つのコツ

押入れもクローゼットもないと洋服や本・小物などが部屋に溢れかえって困りますよね。部屋が散らかっていると友達や彼氏も部屋に呼べないなんてことも・・・。

せっかくのひとり暮らしなのにそれだと寂しい!!そんな押入れもクローゼットもない収納ゼロの部屋でも収納場所を作るコツをご紹介します。

sponsored link



ベッド下を活用する

ベッドの下はデッドスペースになりがちですが、収納にはぴったりの場所です。フタ付きのケースなどを利用して洋服などを収納しましょう。キャスターが付いていると奥のものも取り出しやすくなって便利です。

また、収納付きベッドやロフトベッドなどを利用するのもおすすめです。ロフトベッドはベッド下を丸々収納スペースとして活用できるので、モノがたくさんあるという方にはぴったりです。

たんすやチェストなどを置くと部屋が狭くなって嫌という方におすすめの方法です。

ハンガーラックやクローゼットハンガーを活用する

ハンガーラックは洋服をかけておくアイテムとしてとても便利です。たくさん収納できるように2段になっているものや、棚や引き出しなどが付いているものを選びぶと良いでしょう。

クローゼットハンガーはクローゼットタイプのハンガーラックです。部屋のスペースに合わせて幅が伸縮できるものも多く、部屋に簡易のクローゼットができあがります。

カゴやバスケットなどを利用する

本や雑誌、ドライヤーやアイロンなどの小物類やティッシュなど日用品などのストック、タオル類など細々したものはカゴなどを利用するのがおすすめです。

おしゃれでカラフルなバケツやバスケットもたくさんあるので部屋に置いても違和感がありません。また、ベッド脇にカゴなどを置いて脱いだパジャマや部屋着などを入れておくのにも便利です。

そのほか、収納付きスツールなどもあるのでそれらを利用するのもいいですね。

カラーボックスをフル活用する

カラーボックスは、本や雑誌、小物類、洋服まで何でも収納することができます。価格も安く、購入しやすいのも魅力です。

棚板や引き出し、インナーボックスなどパーツもたくさんあるので上手く活用することで自分の思い通りの家具を作ることができます。



down

コメントする




「日本語が含まれない」「URLが3つ以上含まれる」投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト内検索

今週の人気記事

Sorry. No data so far.