ひとり暮らし女子のインテリア

おしゃれ&かわいいがコンセプト!ひとり暮らし女子におすすめのインテリア家具や雑貨情報をお届け!

ワンルームを上手に区切って空間リフレッシュ!

time 2015/10/05

ワンルームを上手に区切って空間リフレッシュ!

フレキシブルに使えるというメリットがあるワンルームですが、「玄関からすべてが丸見えになるのを避けたい」「空間に変化が出ない」といった悩みが出やすいというデメリットもありますね。

そこでぜひ挑戦したいのが空間を区切るという方法。今回はこれまでとは違う雰囲気を楽しむために、ワンルームを上手に区切るための方法をご紹介します。

sponsored link



収納家具で仕切る

収納スペースが少ないことの多いワンルームのデメリットをカバーできるのが、収納家具で仕切るという方法。ホームセンターなどで手に入るカラーボックスは、安価な上にさまざまなサイズがあるので使いやすいアイテムです。

たとえば出入口から見て手前のスペースは友人を招きいれるパブリックスペース、奥のスペースをゆっくりくつろぐプライベートスペースにする場合、ボックス側をどちらに向けるかで何を収納できるかも変わってきますね。どちらの収納をより増やしたいかを考えてセッティングしましょう。

カラーボックスは縦置きとして販売されていても横置きで使うことが可能。低いので圧迫感がないけれどきちんと仕切ることができるので便利ですよ。

ファブリックで仕切る

最近はIKEAなどのインテリアショップでも扱うことが多くなってきたインテリアファブリック。色やデザインがとても美しい商品が多く、インテリアアイテムとしての活用度が高いため人気が高まっていますね。このインテリアファブリックを使って仕切るという方法もあります。

壁から壁までしっかり吊るすという方法だけでなく、中央部分だけに吊るすだけでも視覚的な仕切り効果はバツグン。春夏はシースルー素材、秋冬は厚みのある素材と簡単に取り替えられるのも魅力です。ラグやクッションといった他のファブリックアイテムと同じ生地でそろえるのもおもしろいですよ。

有孔ボードで仕切る

有孔ボードとは、集成材とよばれる木に規則的な穴が開けられているボードのことです。軽量なのでベッドやテレビボードなどの家具ではさみこんで立てることも可能。

穴にフックをつけて棚をつけたりフックで引っ掛けたりすることで小物の収納スペースとしても使えて一石二鳥ですよ。

いかがでしたか?

新たに購入するのもいいのですが、持っているカラーボックスを移動させて仕切るだけでもがらりと雰囲気が変わります。空間のリフレッシュ法として参考にしてみてくださいね。



down

コメントする




「日本語が含まれない」「URLが3つ以上含まれる」投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト内検索