ひとり暮らし女子のインテリア

おしゃれ&かわいいがコンセプト!ひとり暮らし女子におすすめのインテリア家具や雑貨情報をお届け!

狭いワンルームの部屋を上手に仕切る3つのコツ

time 2011/06/02

狭いワンルームの部屋を上手に仕切る3つのコツ

ワンルームはひとつの空間にキッチン、寝室、リビングなどがあります。そのため、ご飯を食べたらソファに座ってつい長時間テレビを観たりなどダラダラと過ごしてしまいがちです。

しかし、キッチン・寝る場所・くつろぐ場所・趣味などの作業をするスペースなどをそれぞれ分けるとダラダラ過ごすこともなくなり、生活にメリハリがつきます。そこで今回は部屋を仕切るコツをご紹介したいと思います。

sponsored link



パーテーションで仕切る

パーテーションとは、間仕切りのことです。スクリーンや突っ張りタイプなどがあります。スクリーンはじゃばらのようになっていて、使わないときは折りたたむことができて便利なアイテムです。

突っ張りタイプは天井と床で固定するタイプです。おしゃれなデザインなものも多く、洋服やカバン、小物などをディスプレイすることもできます。

省スペースで場所もとらないので、ソファとベッドの部屋とキッチンの間仕切り、玄関から部屋が見えないようにしたりとさまざまな場所に設置することができます。

低めの家具で仕切る

オープンラックやデスクなど、部屋に圧迫感を与えない低めの家具で仕切りるのもおすすめです。

ベッドの横にはオープンラックやシェルフなどを置くことによって部屋を仕切るだけでなく、読みかけの本や携帯電話、ランプなどを置いてサイドテーブルとしても使用することができます。

また、カラーボックスを横にして置くのもおすすめです。ベッドから見える裏側は布や有孔ボードなどを張ってちょっとだけ工夫すると気になりません。

キッチンと部屋の間にラックなどを置くとちょっとしたカウンターとしても利用できます。キッチン側に棚を向けると食器などを収納できるだけではなく、部屋側にはイスを持ってきてお酒を飲んだり楽しむことができます。

カーテンで仕切る

ちょっと長めのツッパリ棒を壁と壁の間に張ってカーテンを吊るしたり、カーテンを通した丸棒にひもをつけて天井から吊るしたりするだけでも部屋を仕切ることができておすすめです。

ベッド全体をカーテンで仕切るのではなく半分だけにしたり、ほどよい透け感のあるストリングカーテンなどにすると圧迫感なく居心地の良さもグンとアップします。

ワンルームという狭い空間を上手く仕切って過ごしやすい快適な部屋を目指してくださいね。



down

コメントする




「日本語が含まれない」「URLが3つ以上含まれる」投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト内検索