ひとり暮らし女子のインテリア

おしゃれ&かわいいがコンセプト!ひとり暮らし女子におすすめのインテリア家具や雑貨情報をお届け!

抑えるのは2つだけ!ひとり暮らしの部屋をスッキリ見せるポイント

time 2011/09/19

抑えるのは2つだけ!ひとり暮らしの部屋をスッキリ見せるポイント

一人暮らしの部屋やワンルームは狭いことが多いですよね。その限られたスペースのなかでスッキリとおしゃれに見せるには統一感を持たせることがとても大切です。

モノがたくさんあっても部屋のティストやカラーを統一することで部屋がスッキリと見え、おしゃれな雰囲気になります。

そこで今回は部屋をスッキリ見せるポイントについてご紹介します。

sponsored link



部屋のティスト(テーマ)を決める

まずは、どんな部屋にしたいのか考えます。

たとえば・・・
ナチュラル、アジアン、モダン、和風、姫系kカフェ風など

ティストにはたくさんあるので「こんな部屋にしたい!」という部屋のテーマを決めましょう。

具体的にどんな感じにしたいのかわからないという方は・・・

インテリア雑誌やサイトなどを参考にしましょう。いろいろ見ているうちに、具体的に自分がどんな部屋にしたいのかイメージがきっと湧いてくるでしょう。

テーマが決まったら、ベッドやソファなどの家具の色目や素材感をそろえます。一度に全部そろえると値段を重視しがちなので、ゆっくりと時間をかけてコレ!と思う気に入ったものを選びましょう。

どうしても一度でそろえたい!という方は、シリーズ家具でそろえるもおすすめです。素材感や色が統一されているので部屋がスッキリと見えます。

部屋のテーマカラーを決める

色に統一感がなければ部屋全体のバランスが悪くなり、ごちゃついてみえてしまいます。逆に色に統一感を持たせると、部屋をスッキリと見せることができます。

まずは、部屋のベースとなるテーマカラーを1つ、もしくは2つ決めましょう。

たとえば・・・

好きな色でもいいですし、落ち着いたカフェ系の感じにしたいならこげ茶とか、かわいい感じならピンクなどのパステルカラーとか、元気な感じにしたいならオレンジや黄色などのビタミンカラーなど。部屋のティストと合わせて考えましょう。

テーマカラーが決まったら、ベッドカバーやカーテン、ソファ、テーブルなど面積の大きな物をこのテーマカラーで統一します。

次に小物やクッションなどのファブリックにアクセントカラーを持ってきます。テーマカラーと反対色だとメリハリがつき、同系色だと落ち着いた雰囲気になります。

ぜひ、これらを参考に「おしゃれでステキな部屋だね!」と言われる部屋作りをしてみてくださいね。



down

コメントする




「日本語が含まれない」「URLが3つ以上含まれる」投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト内検索

今週の人気記事

Sorry. No data so far.

最近の投稿