ひとり暮らし女子のインテリア

おしゃれ&かわいいがコンセプト!ひとり暮らし女子におすすめのインテリア家具や雑貨情報をお届け!

狭い部屋をちょっと工夫することで広く見せるコツ

time 2013/01/07

狭い部屋をちょっと工夫することで広く見せるコツ

一人暮らしの部屋の悩みは、広さが十分でないことだと思います。もう少し広さがあれば、好きなインテリアで装飾できるのに・・・と思ったことのある人もいると思うのです。

そんな人のためにも、ちょっとした工夫で一人暮らしの部屋を広く見せるコツをお伝えします。

sponsored link



視線の先まで

広くみせるコツで一番大事なのは、視線をさえぎるものを置かないことです。当たり前のことですが、壁が多くある家とあまりない家では、ない家の方がたとえ同じ大きさでも広く感じることはおわかりだと思います。

それと同じで、たとえ家具が置きたくても視線をさえぎってしまう状態にしておくのであれば、ない方がマシかもしれません。

どうしてもという場合であれば、比較的低めの家具を選ぶことによって視線をさえぎるものがなくなります。その結果、広く見せるコツにもなるのです。

明るめの色でコーディネート

実は、視覚を上手に使うことでも部屋を広く見せることができるのです。

たとえば、ホワイトの壁とダークブラウンの壁があったとすると、一体どちらが広く見えると思いますか?答えはホワイトです。

明るめの色を選ぶことによって、視覚は奥行きを感じることが可能になるので、とくに壁紙やカーテンなどは明るめの色でコーディネートすると良いでしょう。反対に、インテリアなどを濃い目の色にするとメリハリもついてスッキリします。

一つで何役も

最近ではとても便利なインテリアも登場しています。ベッドの下に収納ができたり、ソファの中に収納ができるタイプのものです。

見た目は通常のタイプのものとはまったく変わらないのですが、なかに収納ができるというだけでとても便利な収納グッズに早変わりなのです。

そうすることによって、荷物も収納できますし、インテリアや家具としても使用することができるのでぜひ活用してみると良いでしょう。その結果、部屋も広く使うことができるのです。

家具とインテリアの配置

実は、家具やインテリアの配置もかなり重要なポイントです。その理由は、家具やインテリアは部屋の大部分をようするものなので、すっきりと配置するだけで部屋を広く見せることができます。さらに、デッドスペースをなくすことも大事なのです。

デッドスペースは案外何かの収納に使えるので、ぜひデットスペースのチェックを行ってみてください。このように、ほんのちょっとした工夫で部屋を広く見せることができます。



down

コメントする




「日本語が含まれない」「URLが3つ以上含まれる」投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト内検索

今週の人気記事

Sorry. No data so far.