ひとり暮らし女子のインテリア

おしゃれ&かわいいがコンセプト!ひとり暮らし女子におすすめのインテリア家具や雑貨情報をお届け!

インテリアのカラーコーディネートに失敗しない基本とは?

time 2014/05/29

インテリアのカラーコーディネートに失敗しない基本とは?

インテリアには興味があるけれどセンスがないから…と悩んでいませんか?

実はインテリアはカラーコーディネートさえしっかりできていればもう半分成功したも同然です。そこで今回はインテリアのカラーコーディネートにおいて押さえておきたい基本をご紹介します。

どんな大きさの部屋であっても、その室内でのカラーコーディネートはとても大切な要素です。ファッションではよく「合わせるのは3色までにしましょう」といったアドバイスが出ますが、インテリアも基本的には同じ。

ただし、これだけ守っていれば3色以上になったとしても雑然としたインテリアにはならないというポイントがあります。

sponsored link



色のベースをそろえる

家具やファブリック・雑貨などには多種多様な色が使われていますが、実はどんな色もブルーかイエローのどちらかがベースになっています。

たとえば白と呼ばれる色であっても、雪のような色みであればブルーベース、クリームがかった色みであればイエローベース。この2つの色を「白色だから」と同じ室内に取り入れてしまうとごちゃごちゃした印象になってしまうんですね。

つまりどんな色を選ぶときも、その色がブルーベースなのかイエローベースなのかをよく見てミックスしないようにすることが大切です。

インテリアではまず床の色が決まっていますから、床の色がどちらのベースなのかを判断して、そのベースに合わせてカーテンや家具などを選んでいくといいでしょう。

ちなみに洋室でフローリングの場合は色みによってどちらのベースもあり得ますが、和室で畳の場合は基本的にイエローベースとしてアイテムの色をそろえていってくださいね。



down

コメントする




「日本語が含まれない」「URLが3つ以上含まれる」投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト内検索

今週の人気記事

Sorry. No data so far.

最近の投稿