ひとり暮らし女子のインテリア

おしゃれ&かわいいがコンセプト!ひとり暮らし女子におすすめのインテリア家具や雑貨情報をお届け!

部屋に圧迫感を与えないオープンラックやシェルフの選び方とポイント

time 2011/07/17

部屋に圧迫感を与えないオープンラックやシェルフの選び方とポイント

オープンラックは、背板がないため部屋に圧迫感を与えず狭いワンルームにはぴったりの収納家具です。デザイン性が高いので本やCDなどを収納するよりも小物や雑貨、写真などを飾るのに向いています。

また、両サイドからモノを取り出すことができ、圧迫感がないので部屋を区切る間仕切りとして使用することもできます。ジグザグなどユニークな形をしているものもあり、部屋に置くだけでインテリアとして楽しめます。

今回はオープンラックやシェルフの選び方とポイントをご紹介します。

sponsored link



オープンラックやシェルフの選び方

オープンラックを選ぶときには、どんなものを飾るかによって変わってきます。飾るものが大きい場合は、大きいラックや、少し小さめのラックを何個か並べて置くといいでしょう。

スライド式で幅が調整できるものや、パズルのように重ねたりできるものもあるのでアレンジ次第でおしゃれに小物などを飾ることができます。

ちなみに、小物などをおしゃれにディスプレイするコツは、たくさん飾らずにある程度間隔をあけることです。また、棚ごとにディスプレイするものを分けるとスッキリと見えます。

DIYでオリジナルもおすすめ

最近では、DIYも流行っているので自分でオープンラックを手作りするもいいですね。

DIYとは、Do it yourselfの略で「よりよい暮らしと住まいを自分たちでつくろう」という意味があり、いわゆる日曜大工のことです。手作りすることで、自分のイメージ通りのものを作ることができ、費用も安くすんで世界に一つだけのオリジナルのものが作れます。

材料はホームセンターや通販などで購入することができます。お好みの長さに板をカットしてくれるサービスを行っているところもあるのでとても便利です。

あらかじめ切ってもらうとゴミも出ず、組み立ててペンキを塗るだけなので簡単です。また、100円ショップの板やワイン箱などを使って女性でも簡単に家具を作れるDIY本もあるので参考にしてみるといいかもしれません。

少し手間がかかりますがその分愛着がわき長く使用できますよ。



down

コメントする




「日本語が含まれない」「URLが3つ以上含まれる」投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト内検索

今週の人気記事

Sorry. No data so far.