ひとり暮らし女子のインテリア

おしゃれ&かわいいがコンセプト!ひとり暮らし女子におすすめのインテリア家具や雑貨情報をお届け!

色々使えて便利!ひとり暮らしのカラーボックス活用術3つ

time 2011/07/17

色々使えて便利!ひとり暮らしのカラーボックス活用術3つ

カラーボックスは安くて何かと便利ですよね。とりあえず部屋において雑誌などを収納したりすることが多いと思いますが、工夫次第でたくさんの活用方法があります。今回はカラーボックスの活用術をご紹介します。

sponsored link



キッチンカウンターにする

カラーボックスを2つ並べて、天板を乗せるだけでキッチンカウンターになります。裏側に好みの布を貼ればアクセントになり、コルクボードを貼ればメモや写真などをディスプレイすることもできます。

天板は作業台にもなり、タイルなどを敷き詰めれば熱い鍋も置くことができます。また、棚には食器やストック食材、調理器具などを収納することもできます。

洋服を収納する

カラーボックスにインナーボックスを組み合わせれば、洋服を収納することもできます。洋服を収納するときにはボックスの高さと幅に合わせて折りたたんで立てるとたくさん収納することができます。

衣替えも便利

衣替えが面倒という方は、普通のカラーボックスを2つ、背板をとったカラーボックスを2つ用意して、手前には背板がないカラーボックス、奥には普通のカラーボックスを設置します。

夏物と冬物、別々の色のインナーボックスを用意して洋服を収納します。衣替えのときには手前のボックスを引っ張り出して、奥のものと交換するだけなので衣替えがラクチンです。

作業台にする

カラーボックスを両端に置いて、上に天板のせるだけでデスクができあがります。メイクしたり、パソコンしたり、勉強したりといろいろと活用することができます。

たくさん収納できるだけではなく、棚はレールボードなどを利用して増やすことができます。また、棚の内側の側面に板を両面テープで貼って、板をのせるだけも簡単に増やすことができます。



down

コメントする




「日本語が含まれない」「URLが3つ以上含まれる」投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト内検索