ひとり暮らし女子のインテリア

おしゃれ&かわいいがコンセプト!ひとり暮らし女子におすすめのインテリア家具や雑貨情報をお届け!

ひとり暮らしにおすすめの収納家具とは?

time 2011/09/19

ひとり暮らしにおすすめの収納家具とは?

ひとり暮らしの部屋には収納スペースがが少なく、まったくないということも少なくありません。

収納場所がないとモノが溢れかえって部屋中にモノや服が散乱して足の踏み場もない・・・なんてことはよくある話です。せっかくひとり暮らしを始めたのに、部屋が散らかって友達や恋人も呼べないなんて寂しいですよね。

なので、収納家具は必要です。では、収納家具にはどのようなものがあるのでしょうか。今回はひとり暮らしにおすすめの収納家具をご紹介します。

sponsored link



洋服の収納編

洋服の収納には、チェストやハンガーラックだけだと思っていませんか?

実はそれだけではありません。たとえば、カラーボックスとインナーケースを活用して収納することができます。筆者もカラーボックスを活用して、洋服を収納しています。意外とたくさん入って便利です。

ほかには、ラックを活用するのもいいですね。キレイにたたんでショップ風に魅せる収納をするのもおすすめです。

小物や雑誌などの収納編

魅せる収納としてディスプレイラック、オープンラック・シェルフなどがあります。

ラックは飾り棚として小物などを飾ったり、おしゃれな雑誌をディスプレイしたりなど、モノを魅せるというインテリアの要素が高いのが特徴です。

ディスプレイラック

棚の前面に扉が付いていて、扉にはおしゃれな雑誌や映画のパンフレットなどをディスプレイすることができます。隠す&魅せる収納を同時にできるので、お店のようなハイセンスな空間を演出したい方におすすめです。

オープンラック

背板がないので圧迫感がないのが特徴です。ほかの棚と違って、ユニークな形をしているものが多く、写真立てや小物などを飾る棚としておすすめです。部屋に置くことで変化のあるインテリアとして楽しむことができます。

ほかには、メタルラックやウィッディラック、本棚などがあります。低めのものを選ぶと部屋の間仕切りとしても活用することができます。

カラーボックスは収納家具として優秀!

カラーボックスは、安いので簡易収納として購入する方も多いと思います。洋服を収納するのはもちろん、バッグやファッション小物、化粧品、本、雑誌などアイデア次第でいろいろなものを収納することができます。

棚の高さが替えられたり、引き出しやキャスターなどパーツもたくさんあるので、自分好みの家具を作ることができます。安いくてカラーも豊富なのでひとり暮らしの心強い味方です!



down

コメントする




「日本語が含まれない」「URLが3つ以上含まれる」投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト内検索

今週の人気記事

Sorry. No data so far.