ひとり暮らし女子のインテリア

おしゃれ&かわいいがコンセプト!ひとり暮らし女子におすすめのインテリア家具や雑貨情報をお届け!

部屋をスッキリとおしゃれに見せるディスプレイのコツ5つ

time 2011/06/23

部屋をスッキリとおしゃれに見せるディスプレイのコツ5つ

部屋に小物や雑貨などを飾ることは多いです。お気に入りの雑貨に囲まれていると気分もウキウキしますよね。

しかし、ただ何も考えずに並べて飾ったりすると部屋がゴチャゴチャした印象になってしまい、落ち着かなくなってしまうことも。

今回は部屋がごちゃついて見えない、すっきりとおしゃれにディスプレイするコツをご紹介します。飾り方を少し工夫するだけで雑貨がたくさんあってもスッキリと見えますよ。

sponsored link



シンメトリーに配置する

シンメトリーとは左右対称のことです。シンメトリーにすることでゴチャつきがちなディスプレイ空間をすっきりとおしゃれに見せることができます。

たとえば写真を真ん中に持ってきてそれを軸に左右に観葉植物を持ってきたり、壁にファブリックパネルを左右対称に飾ってみましょう。不思議とすっきりとみえるはずです。

色や素材感をそろえる

色や素材感がバラバラだとごちゃごちゃしてみえます。なので色や素材感を統一しましょう。

素材ならガラスやプラスチック製、木材を、色ならパステル系のピンクや濃いピンクなど、色や素材感をそろえて飾るとすっきりと見えるだけでなく、安い雑貨でもチープに見えません。

コーナーごとにテーマを決める

たくさん小物や雑貨を飾りたい!そんなときにはコーナーごとにテーマを決めましょう。

たとえばキャラクターグッズのコーナー、香水やマニュキュアなどおしゃれのコーナー、アクセサリーのコーナーなど、テーマを決めてそれぞれ飾るとたくさんあってもゴチャつかずすっきりと見えます。

間隔をあける

壁やオープンラックなどに小物などを飾るときは、ギュウギュウに詰めすぎずにバランスよく間隔をあけて飾りましょう。間隔をあけることで、センスよくおしゃれにみえます。

ディスプレイの法則は1:1.6

ソファを壁につけて置いたとき壁が寂しいのでファブリックパネル、ポスター、絵などを飾ることがあると思います。そのときにファブリックパネル(1):ソファ(1.6)という法則で飾るとバランスよく見えます。



down

コメントする




「日本語が含まれない」「URLが3つ以上含まれる」投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト内検索