ひとり暮らし女子のインテリア

おしゃれ&かわいいがコンセプト!ひとり暮らし女子におすすめのインテリア家具や雑貨情報をお届け!

ひとり暮らしでも楽しめるクリスマスインテリアのコツ4つ

time 2011/11/08

ひとり暮らしでも楽しめるクリスマスインテリアのコツ4つ

12月に入ると街はイルミネーションがキラキラと輝いてとてもキレイですよね。

見ているだけワクワク楽しい気分になってしまうのは筆者だけじゃないはず。そんな楽しい気分を家の中でも味わってみませんか?

最近プチプラでかわいいクリスマス小物がたくさん置いてありますよね。ひとり暮らしだと大きなクリスマスツリーを置くのはとても難しいので、まずは小物などを飾ってみることからはじめてみてはいかがでしょうか?

そこで今回はひとり暮らしでも楽しめるクリスマスインテリアのコツを紹介します。

sponsored link



クリスマスコーナーをつくる

まずは出窓や棚の上、テレビ台の上、玄関など部屋の一角にクリスマス小物などを飾るコーナーをつくってみましょう。大きなクリスマスツリーなどは場所をとって収納場所にも困るのでミニサイズのものを飾るのがおすすめです。

サイズもカラーも豊富なのできっとお気に入りのツリーが見つかるはずです。クリスマスツリーだけではなく、キャンドルやクリスマスリーフ、スノーマン、サンタ、トナカイ、スノードームなどを飾るのも楽しいですよ♪

壁や窓ガラスにもクリスマスデコを

窓ガラスをデコレーションするといえばスノースプレーが定番ですが、ジェルジェムといって貼ったりはがしたりできるシールのようなディスプレイグッズなどもあります。

プルンとしたゼリーのような質感が特徴で雪だるまや星、スノーなどかわいいものがたくさんあります。壁や家具などには使用できませんが、窓やガラス、鏡などに貼ることができます。

壁や家具などに貼りたい場合はウォールステッカーがおすすめです。ウォールステッカーもジェルジェムと同じように貼ったりはがしたりすることができ、かわいいものがたくさんあります。窓や鏡などにも貼れるのでとても便利です。

また、クリスマスツリーの飾りを壁に飾るのもいいですね。

カラーを統一する

クリスマスカラーといえば、赤や緑、白、ゴールドなどが定番ですが、最近はピンク、シルバー、ブルー、紫とカラーも豊富です。これらのカラーをいろいろと飾ってしまうとごちゃごちゃとした印象になってしまいます。

なので、カラーを統一させましょう。たとえば、赤や緑だと賑やかな感じになり、ピンクだとキュートな感じになります。また、ゴールドや紫だとゴージャス、シルバーやホワイトだとシックで大人っぽい雰囲気になります。

あなたの部屋の雰囲気に合わせて選んだり、クリスマスのイメージカラーを決めて選ぶと失敗も少なくなりますよ。

ファブリックもクリスマスカラーに

ファブリックとは、カーテンやクッションカバー、ベッドシーツ、ソファカバー、テーブルクロスなど布を使ったもの全般をさします。これらのファブリックをクリスマスカラーのものに変えるだけでもガラッと雰囲気が変わります。

難しい場合は、布製のクリスマス装飾や小物、雑貨などを安全ピンなどを使ってカーテンやクッションなどに留めるだけでもおすすめです。ワンポイントになってとてもかわいいですよ♪



down

コメントする




「日本語が含まれない」「URLが3つ以上含まれる」投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト内検索