ひとり暮らし女子のインテリア

おしゃれ&かわいいがコンセプト!ひとり暮らし女子におすすめのインテリア家具や雑貨情報をお届け!

モダンもレトロも思いのまま☆画びょうで楽しむ壁掛けアート

time 2013/05/16

モダンもレトロも思いのまま☆画びょうで楽しむ壁掛けアート

みなさんは、壁をどのように装飾なさっているでしょうか。

何も掛けないまっさらな壁が好き、という方もいらっしゃれば、ポスターや絵画で飾っている方も、壁掛け時計とカレンダーだけ掛けてあるという方もいらっしゃるでしょう。

今回は、身近な存在でありながら、いつも控えめに縁の下の力持ちになってくれている「画びょう」にスポットを当てたいと思います。

sponsored link



空き箱が気づかせてくれた、わたしだけの壁の彩り方

筆者は、壁はまっさらなままが良いと思っているタイプでした。でもあるとき、たばこの空き箱を見ていて、そのまま捨てるのが残念になりました。

当時独学でデザインを学んでいた筆者にとって、物のパッケージは物そのもののデザインと同じくらい魅力的に見えていましたし、ちょうどいろいろなたばこを試している時期だったので、備忘録的にそのパッケージを取っておくことにしました。

しかし、箱をそのままどこかにしまっておくのではかさばりますし、あまり意味がありません。

そこで箱を解体し、箱の表面の上部分に、箱の上面を斜めに貼り付け、見栄えが良いようにしました。そしてそれを、同じような色合いの画びょうで留めました。

そのうち煙草だけでは飽き足らなくなり、アメのパッケージも同じように集め、切り貼りしては画びょうで壁に留めていきました。

写真やポストカードも飾りやすく

壁のディスプレイ

それまで、写真や絵葉書の類はアルバムに貼るだけで、写真立てや額に入れて飾るようなことをしていませんでした。

しかし、たばことアメのパッケージで壁が飾られていくと、そうしたものも自然と飾る気持ちになりました。もちろん、画びょうでピッと留めるだけです。

その後もかわいいお菓子メーカーのショップカードやライブやクラブイベント、展覧会の告知などを加え、殺風景だった部屋の壁が、おしゃれな雰囲気になってきました。

コツはランダムに貼ること、少しアンバランスな配置を保つことです。すると、照明に浮かび上がるパッケージやカードの表情が、インテリア然としてきます。

数が増えすぎるとかっこよくないので、ある程度増えてからは、空き箱や絵葉書、写真といったものをストックして、模様替えを楽しんでいます。

みなさんも、大切なご友人や恋人との写真や、ちょっとかわいいなと思うお菓子やお茶の箱をぜひ飾ってみてください。切り抜き方、貼り方にも個性が出ますし、おもしろいと思います。

画びょうにもいろいろある

わたしが愛用しているのは、ピコ画びょうやお裁縫の待ち針のようなピン、それからKOKUYOのユニバーサルデザイン・プニョプニョピンです。

とくにプニョプニョピンは、誤って床に転がしっぱなしにしたときに、ゴムがピン先をカバーしてくれる優れものなので気に入っています。

100%というブランドのMagnet Tackも、なかなか重宝しています。これは画びょうに磁石が備わっていて、ハサミや鍵、文房具などをくっつけることができるという、「見せる収納」を叶えてくれる画びょうです。

みなさんも、画びょうを使った新しい壁の楽しみ方、考えてごらんになりませんか。



down

コメントする




「日本語が含まれない」「URLが3つ以上含まれる」投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト内検索