ひとり暮らし女子のインテリア

おしゃれ&かわいいがコンセプト!ひとり暮らし女子におすすめのインテリア家具や雑貨情報をお届け!

好みのテーブルを見つけるためのポイント3つ

time 2015/10/09

好みのテーブルを見つけるためのポイント3つ

今回はチェアとセットで使うことが多くインテリアの雰囲気を決定しやすいテーブルについて、ダイニング用とリビング用に分けてご紹介していきます。

sponsored link



サイズ

ダイニング用

ひとり暮らしだとそんなに大きなサイズの商品は不要だという人がほとんどではないでしょうか。90cm角前後の正方形タイプだと2~3人で使えるので、友人との食事も十分できますね。趣味などで大きなスペースがほしいという場合はバタフライタイプを選びましょう。用途によって伸縮ができるのでとても便利です。

リビング用

ダイニング用を置かず食事の時も使用するのであれば、少なくとも90~100cm程度の幅は必要でしょう。食事の時とパソコンなどの作業をする時とでは適した高さが違いますので、天板の高さ調整ができるタイプがおすすめです。

デザイン

ダイニング用

高さが70~73cm程度と比較的高いため、ワンルームだとかなり存在感が出ます。もし置く場合は脚が細め・天板がガラス製・天板の形に丸みがあるなどのデザインのものを選ぶと圧迫度が低くなりますよ。

リビング用

ダイニング用とは異なり高さが40cm前後と低めのため、個性的なデザインのものでも大丈夫。また収納が下部についたタイプだとこまごましたものを収納できるので便利ですね。ただし圧迫感を低くしたいならダイニング用と同じポイントを押さえておくといいでしょう。

素材

ダイニング用

チェアとセットで使用するタイプの家具ですから、チェアと素材をそろえると統一感が出ておすすめです。ただし濃い色の木製のタイプはかなり重みが出てしまうので、ワンルームの場合は狭さを感じないかよくチェックすることが大切です。

またガラス製の天板はクールな雰囲気を楽しめる半面指紋や汚れが目立ちやすいという欠点がありますので、日頃のお手入れの手間をかけられるかも考慮しましょう。

リビング用

ソファとセットで使用することが多い家具なので、ソファとの素材感のバランスに注意しましょう。下にラグを敷くのであればそのサイズや色とのバランスも考えたいですね。

いかがでしたか?

前述したように用途やインテリアスタイルに合わせてサイズやデザインや素材を選ぶというのもひとつの方法ですが、テーブルクロスやテーブルランナーなどで違う表情を楽しむこともできるテーブル。ぜひポイントを参考にお気に入りの1点を探してみてくださいね。



down

コメントする




「日本語が含まれない」「URLが3つ以上含まれる」投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト内検索