ひとり暮らし女子のインテリア

おしゃれ&かわいいがコンセプト!ひとり暮らし女子におすすめのインテリア家具や雑貨情報をお届け!

インテリアを壊さないための整理整頓術

time 2013/11/27

インテリアを壊さないための整理整頓術

一人暮らしの大きなメリットのひとつは自分好みのインテリアの中で過ごすことができること。

ですが片付いていないとせっかくのインテリアが活かされないだけでなく、落ち着かない部屋になってしまうことも!そこで今回はインテリアを壊さない整理整頓術をご紹介しましょう。

まず部屋に入ってすぐ目につくところ、たとえば床やテーブルの上・入口正面の壁面といった場所がきれいに整理整頓されているかどうかでその空間の第一印象がほぼ決まります。

ありがちなのが本や雑誌・郵便物などを積み重ねている状態。紙類はつい「後で」とテーブルの上などに放置してしまいがちですが、これが部屋全体を雑然とした印象にしてしまう原因です。

sponsored link



紙類は立てて収納を!

紙類は積み上げるのではなく、スタンドやかごに立てて収納するとすっきりしますよ。「今日」「今週」「いつか」と時系列で分別すると要・不要を判断して整理しやすいのでおすすめです。

また使ったものを出したままにしておくという状態もインテリアを壊してしまう原因になります。何かをしている途中で別のことが気になってそちらに取りかかり…という行動パターンの人は要注意。

今やっていたことに関するものを一旦すべて片付けてから移るように意識したいですね。出しっぱなしを防ぐために、ものをしまう場所をきちんと決めてその都度戻すようにしましょう。

とはいえすべてのアイテムをきちんと整理整頓することは難しいものです。そこで活用したいのはバスケットやファブリックなどの小物。同じ大きさや色のバスケットをそろえておけば、中に入っているものが違っていても見た目はすっきりします。

またバスケットからはみ出る場合は無理に押し込むのではなく、上にファブリックをかけて隠すといいですね。インテリアに合った柄や色であれば逆にアクセントとして楽しめますよ。

いかがでしたか?

せっかくのこだわりのインテリアを活かせるようぜひ整理整頓を心がけてくださいね。



down

コメントする




「日本語が含まれない」「URLが3つ以上含まれる」投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト内検索