ひとり暮らし女子のインテリア

おしゃれ&かわいいがコンセプト!ひとり暮らし女子におすすめのインテリア家具や雑貨情報をお届け!

安くすむ一人暮らしのインテリアづくりのヒント

time 2016/01/22

安くすむ一人暮らしのインテリアづくりのヒント

一人暮らしのお部屋のインテリアを考える際には、ワンルームや1K、1DKという狭いスペースの中で「いかに快適に暮らせるように工夫するか」という前に、1番大事なのは「いかにコストを抑えておしゃれにインテリアづくりをするか」ではないでしょうか。

そこで今回は一人暮らしのインテリアづくりのヒントになる方法をご紹介します。

sponsored link



自分が住みたい部屋をイメージする

まずおしゃれなインテリアにするためのヒントとしてインテリア雑誌を数冊手にします。雑誌を購入するのもいいですが、まず図書館に出向きましょう。図書館には意外と雑誌も多いのです。

雑誌を読み終えたらイメージを膨らませるために、家具屋数店舗に出向きましょう。このとき良いものを見つけても衝動買いするのではなく、無料雑誌などを持ち帰る程度にすることが大事です。

またお気に入りのものを見つけたら寸法をメモしておきます。そのためには常にメジャーを持ち歩いていておくと便利です。

さらにイメージを膨らませるために、おしゃれ空間(カフェや美術館、博物館など)に出歩きましょう。この時に写真を撮っておくと形に残るのでイメージが湧きやすくなります。

自分が住みたい部屋をコンセプトする

次に自分が住みたい部屋のコンセプトを考えましょう(複数でも可)。コンセプトが決まったら、コンセプトごとにノートや白紙に写真や雑誌などをコピーし、切り貼りします。

イメージが固まったところで、最低限いるものを書き出す

たとえばベッド、テレビ、机、いすなど、なるべく少なめに設定するのが良いでしょう。最低限いるものの中で予算を立てます。

わざわざ買う必要がないものは元々あるものを再活用しましょう。また、自分の周りにいる人の中に、必要とするものを持っていないか探すのもおすすめです。

家具を買って並べよう

家具屋でチェックした物で値段を見合わせて1番安い家具屋で購入します。このとき大事なのが最低限いるものだけを購入すること。そうすることで余計な出費を防ぐことができます。

また、+αで欲しい家具は自分で作るのも楽しいです。愛着がわくので長く大事に使うことができます。

家具の購入を終えたら自分が考えたコンセプト通りに家具を並べましょう。ここで重要なのは寸法通りに合わせることです。そうすることでイメージと違うということを防ぐことができます。



down

コメントする




「日本語が含まれない」「URLが3つ以上含まれる」投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト内検索