ひとり暮らし女子のインテリア

おしゃれ&かわいいがコンセプト!ひとり暮らし女子におすすめのインテリア家具や雑貨情報をお届け!

好みのチェアを見つけるためのポイント3つ

time 2015/10/07

好みのチェアを見つけるためのポイント3つ

ひとり暮らしではフレキシブルに空間を使えることが大前提。テーブルとチェアのセットが1つあれば食事だけでなくパソコンをしたり趣味を楽しんだり…といろいろ楽しめますね。

特にチェアは居心地の良さと直結するだけに座り心地やデザインなどにこだわりたいもの。そこで今回は、好みのチェアを見つけるためのポイントをまとめてみました。

sponsored link



サイズ

一人掛けのチェアの場合、55~60cm程度の幅があればゆったり座れます。手すりがついている場合は立ち座りの動作を考えて大きめのサイズを選ぶといいでしょう。高さは座面に腰掛けてかかとが無理なく床につく寸法がベストです。

その次にチェックしたいのが置くスペース。どんなに気に入ったチェアがあったとしても、置きたいスペースが立ち座りしにくい狭さだとかえって使いづらくなってしまいます。後ろに壁がある場合最低でも60~65cm程度は確保できるかを購入前にチェックしてくださいね。

デザイン

チェアを選ぶ際に室内全体のインテリアと色を合わせる人は多いのですが、意外とちぐはぐになってしまうのがデザイン。たとえば木製のテーブルにアイアン製の脚のチェアを合わせてもいいのですが、かなり絶妙なバランスを考慮しなければいけません。

ソファとは異なりチェアは単独で使用することは少ないので、テーブルとのデザインのバランスをよく考えましょう。最近は背もたれのあるベーシックなタイプだけでなく、ゆったり座れるベンチタイプやコンパクトで使いやすいスタッキング(重ねる)タイプのスツールも人気があります。使い勝手と合わせてチェックしてみましょう。

素材

チェアは素材が豊富な家具のひとつです。重厚感やレトロ感を楽しめる革製、あたたかみがあり経年変化による色の違いも楽しめる天然木製、手入れが楽で独特の素材感があるファブリック製など実にさまざま。

室内全体のインテリアとマッチするかというだけでなく、耐久性の長短や日頃の手入れ方法なども含めて選ぶようにしましょう。

いかがでしたか?

テーブルやチェストなどとは違っていくつか異なるデザインのものを組み合わせるという楽しみ方ができるのがチェアのおもしろさでもあります。これらのポイントを押さえながらインテリアスタイルに合わせてじっくり選んでみてくださいね。



down

コメントする




「日本語が含まれない」「URLが3つ以上含まれる」投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト内検索

今週の人気記事

Sorry. No data so far.

最近の投稿