ひとり暮らし女子のインテリア

おしゃれ&かわいいがコンセプト!ひとり暮らし女子におすすめのインテリア家具や雑貨情報をお届け!

モノクロームの世界に色を付ける『植物』というインテリア

time 2013/05/20

モノクロームの世界に色を付ける『植物』というインテリア

スタイリッシュに整えた部屋だけど、何か物足りない……。ということはありませんか。

そんなときに取り入れたいのが、植物です。お花屋さんでも、スーパーの店先でも良いのですが、まずはちょっと覗いてみてください。

sponsored link



切り花にするか、鉢にするか

あなたがマメな方で、ある程度お花にお金をかけられるなら、切り花を楽しまれることをおすすめします。良い香りの花は心を豊かにしてくれますし、玄関に置くと良いものを運んできてくれると言われています。

しかし、これまでほとんど花など飾ったことがない、忙しくて毎日水を替える心の余裕がないという方には、鉢から始めることをおすすめします。なかでもサボテンは、乾燥に強くサイズの小さいものも多いので、始めやすいですよ。

花屋に通い始めると、季節の花がどのようなものなのか、それぞれどのような個性があるのかが段々わかってきます。それだけでも随分楽しいものですが、そこから自分の好きなものを選び、部屋に飾るのは、さらに心躍るものです。

植物がもたらすリラックス&リフレッシュ

植物は生きていますので、1つ取り入れただけで、無機質だった部屋が生き生きした表情を持ってきます。筆者は蘭を鉢で数年間育てています。

育てているといっても、ずぼらな性格なので水やりも気まぐれですし、株分けもやっとしたような有様で、反対に自分が育ててもらっているようなものです。

しかし、その鉢に水や養分を与えると、自分が癒されていることがわかります。また、帰ってきて鉢に話しかけることもあるのですが、なんとなく1人ではないんだなあと安心します。

寂しい?いえいえ、そういうのとは少し違います。本当に1人で生き物の気配がなかったときより、安らぐ感じですね。

特に春、新しい芽が出てくるときの喜びは他では味わえないものです。こうなると、ただのインテリアよりは家族に近い存在と言えそうです。

日中ほったらかして淋しい思いをさせたり、部屋そのものが動物禁止だったりして、犬や猫は飼えないことが多いと思いますが、植物は育てやすいのも良いですよ。

土が苦手でも、大丈夫

とはいえ、虫などが怖いから植物はちょっと……という方もいらっしゃるでしょう。そんなあなたには、ハイドロカルチャー(水耕栽培)をおすすめします。

流行のものでもあるので、トレンドを取り入れたおしゃれな部屋を演出できると思います。ただ、水の管理はしっかりしてくださいね。



down

コメントする




「日本語が含まれない」「URLが3つ以上含まれる」投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サイト内検索

今週の人気記事

Sorry. No data so far.